不特定多数と関係を持つときに注意したいこと

By | 2020年1月22日

今よりももっと気を付けるぐらいでちょうどいい

もしも複数の異性と遊んでいるなら注意してほしいことが2つあります。1つは【バレないこと】、もう1つは【性病】です。

「そんなことわざわざ言われなくても注意してるよ」と思うかもしれません。でも意外と無頓着で適当に考えている人も多いのです。

まずは【バレないこと】ですが、相手が複数いる場合はできるだけほかの異性の存在は隠したほうが平和的です。最初から自分に恋人や配偶者がいることを承知の上で関係を持った相手や、セフレなど割り切った関係であってもです。その人といるときぐらいはほかの異性の存在を消しましょう。

もしかしたら割り切っているのは自分のほうだけで、相手には恋愛感情があるかもしれません。その場合、ほかの異性の影を感じると嫉妬させたり悲しませたりしてしまいます。嫉妬したり悲しんだりすると人は幸せな時にはしない行動を起こすことがあります。例えば相手の家に自分の持ち物をわざと忘れて帰ったり、自分がいた形跡を残そうとしたりです。嫉妬から束縛が激しくなったり、ほかの異性を特定して嫌がらせをしたりするかもしれません。

なのでバレずに複数と付き合うということは、自分だけでなく周りの人を守ることにつながるのです。バレないに越したことはありません。

性病を軽く考えない

【性病】ですが、これもなぜか「自分だけは大丈夫」と思っている人がいるようです。ハッキリ言って性病になる可能性は誰にでもあります。

もし性病になってしまった場合、2人だけの問題ではなく第三者にも移してしまうことになります。そうなれば誰から移されたとか、ほかにも相手がいるのかとか、誰のせいだとか、いろいろと面倒なことになります。これがキッカケで永遠のお別れになってもおかしくないほどです。

なので複数の異性と遊びたいのなら、性病を防ぐ意識を普通の人よりもさらに高く持っていなければいけません。性病は単純に治療費もかかるし痛かったりかゆかったりするだけでなく、大事な人間関係までも失うことになりかねないことを覚えておきましょう。

できれば毎回コンドームをつけて清潔なカラダと環境で行為に及ぶようにしましょう。定期的に性病検査もしていれば尚良しです。