会社の同期とwin-winなセフレ関係

By | 2018年5月25日

ちょっと面白い展開になったので投稿します。

俺はずっと会社の後輩(別部署)に片思いしていました。仲間何人かで飲んだり遊んだりしたことはあったけど2人で会ったことはなくて、なんとかデートしたいなぁと頑張っているところでした。
そんなある日、後輩が連休を取って旅行に行くと言うので、どこに?誰と?何をしに?みたいな話になって、何と彼氏がいることが発覚しました。1ヵ月ぐらい前から付き合っていたそうですが、俺は全然知りませんでした。
それで失恋が発覚してめちゃくちゃヘコんでしまったんですが、その日はどうしても参加しないといけない部署の飲み会だったんです。全然みんなと楽しく飲むって気分じゃなかったけど、仕方なく参加しました。

飲み会で同期のA美と隣の席になって、A美に元気ないねって言われて失恋したことを話してしまいました。A美は「そっかぁ~辛いね。」と話を聞いてくれて、「私も今うまくいかない恋をしてるんだ」と言ってきました。
A美は妻子ある年上の人に恋をしていて、気持ちを伝えたけど相手にされなかったそうです。でも諦められなくて辛いとのことでした。

A美が冗談っぽく、「私たち慰め合お!」と言ってきたので、俺も「そうだな、辛い恋をしてる同士、仲良くしよう」と言いました。俺的には全然深い意味はなかったのですが、飲み会の帰りにA美が少し酔っていて、「慰め合うって言ったよね?」と腕をからめてきたので、こいつまじか、そういうことか、と思いました。

A美は「慰めてあげるから、慰めてよ」と言って、俺の腕におっぱいをむぎゅーっと押し付けてきました。俺は失恋できつかったし、少し酔っていたこともあってA美とホテルに行ってしまいました。
ホテルに着くとA美と激しくキスしました。今まで何とも思ってなかった同期とこんなことをしていいのかという気持ちもあったけど、お互いが合意のうえで、寂しい気持ちを忘れるためにお互いを利用しているんだと思うと吹っ切れました。

ベッドでは、A美を後輩だと思って抱きました。A美には悪いけど、後輩の名前を呼びながらセックスしました。虚しいような幸せなような変な気分でした。
A美はA美で、俺のことを片思いの相手だと思ってセックスしていたんじゃないかと思います。

朝まで寝て、2人でホテルを出てカフェへ入りました。そこで、これからもときどきこうやって慰め合おう、ということになりました。都合のいいセフレって感じです。でも昔から知ってる同期だから変な心配がいらなくて楽です。
1人になるとまだ好きだった後輩のことを思い出して辛くなるので、また近いうちにA美を誘ってセックスしようと思います。