割り切り相手のことを知り過ぎない

By | 2017年2月3日

相手をよく知らないからこそ楽しい

割り切り関係はお互いがドキドキして楽しむためにあります。相手といい関係を続けるためにも、相手のことを知り過ぎないほうがいいかもしれません。

そもそもセフレや不倫は普通の恋愛とは違うのですから、相手のことを何でも知りたいと思うことは傲慢です。(真剣な不倫など、強い恋愛感情が伴う場合は別ですが・・・)
お互いが楽しめる適度な距離感を保つためにも、相手を詮索するのはやめましょう。

もし知りたいと思ったら・思われたら・・・

もしあなたが、割り切り相手のことを必要以上に知りたいと思ってしまったら、それはもう割り切りではなくて恋愛です。
あなたにとってその相手は、割り切れない人になってしまったということでしょう。
しかし割り切りから恋愛に変わった場合、うまくいかないパターンが多いので覚悟が必要かもしれません。

逆に、割り切り相手があなたのことを何でも聞いてくるようになったら、少し面倒くさいことになるかもしれません。
嫉妬などされ始めると、今までのように楽しいだけの関係ではなくなってしまいます。
悲しませたり、恨まれたりせずに上手に関係を終わらせるべきですね。

どちらにしろ、適度な距離感が保てないと、割り切り関係は終わってしまうようです。