割り切り相手とは同じ温度で

By | 2015年1月24日

割り切り関係のコツは心の距離感

割り切った関係を続ける上で重要なことのひとつは相手と同じ温度で居続けることです。決して本気になりすぎない、相手を本気にさせないことを心がけて下さい。どちらかが本気になってしまうと独占欲が生まれてしまうので割り切ることが出来なくなってしまうんですよね。

もしもW不倫の場合はお互いの家庭を壊すことになりかねません。既婚者と独身のカップルだったとしても同じことですね。一方の気持ちが大きくなりすぎると対等な関係ではいられません。嫉妬や欲求不満が募りだすとその関係を続けていくことは難しいでしょう。

お互いの気持ちの大きさが変わってきたなと感じる時ってありますよね。割り切りの関係を好む人は特に人の心の変化に敏感なものです。少しでも情が湧いてきたと感じるとサッと身を引いてしまいます。

しかし時々は見誤ることもあります。人間ですからその時のコンディションが不調な時もあります。もっと会いたいや他にも相手がいるのかなどを聞いてくるようになると危険サインです。
引き際を間違えると大変なことになりますからね。少しでも引っかかる雰囲気を感じた場合には少しづつ距離を取るなど対策を取りましょう。

相手と自分、どちらの気持ちもコントロールするつもりで

相手を本気になせないことと同じように、自分が本気にならないようにするのも重要なことです。自分の中で遊びのルールを決めると深入りする前に引き返せると思います。
こういう気持ちになったら離れる、デートは食事のみなど線を引くようにすることはそこそこ効果があると思います。

中にはタイプの相手とは割り切り関係にならないと言う人もいます。相手がタイプだと情が湧きやすいですからね。ここまで徹底している人はあまりいませんが、これは結構いい方法だなと思いました。
タイプの相手だと盲目になりやすいですけど、そうじゃない相手との遊びならブレーキがかかりやすいので冷静でいられそうですよね。